赤ちゃんが寝ない 夜泣きで寝ない

赤ちゃんが寝ない!そのセリフがでるのはほとんどが赤ちゃんの夜泣きが原因ではないでしょうか?

オーガニックな成分のすやねむカモミールは公式ページがお得↓↓

>>>すやねむカモミールの公式ページはこちら<<<

 

すやねむカモミールの口コミと効果

赤ちゃんが寝ない原因の赤ちゃんの夜泣きにも効果があるといわれる「すやねむカモミール」を実際に利用している方の口コミをいくつか紹介していきます。

 

「子供の夜泣きや寝ぐずりに効果があるというので興味を持ちました。小さい子に飲ませるのにも安心な有機オーガニックのみ使用という点や初回は送料無料で980円で試すことができ、更には10日間の全額返品保証つきという安心感に惹かれて購入してみました。
実際に子供に飲ませてみたところ、飲んだその日からパタッと夜泣きが無くなるというわけにはいきませんでしたが、1晩に2回3回と起こされていたのが少しずつ減っていき、私自身とても楽になりました。」

と書かれており、その効果を感じられています。

 

また別の方の口コミは

「私と夫と子供の家族皆で飲んでいたところ、夜泣きでぐっすり眠れず寝不足だった夫もよく眠れるようになりました。」

とお子さんだけでなく大人にも効果を発揮してくれることが分かります。

 

他にも

「市販のカモミールティーは味も濃くて香りも強くて味に渋みもあるのですが、すやねむカモミールは子供でも飲みやすい味でその美味しさに驚きました。子供も嫌がらずに飲んでくれていますし有機オーガニックで出来ているから安心です。断乳後に夜泣くようになってしまいましたが、その時にすやねむカモミールを飲ませると前より眠ってくれるようになり助かりました。」

と評価されています。

 

このように飲みやすさと夜中に起きる間隔が徐々に減っていって眠ってくれるようになったという口コミが多くみられますので、「すやねむカモミール」は子供や大人が睡眠に入りやすくなるリラックス効果をかなり得られるということがわかります。

 

オーガニックな成分のすやねむカモミールは公式ページがお得↓↓

>>>すやねむカモミールの公式ページはこちら<<<

 

赤ちゃん寝ない原因の夜泣きに効果のあるというすやねむカモミールは、安心を追及して、お湯に溶け出てしまう農薬や添加物は一切使用しないオーガニック素材でできていますので赤ちゃんにも安心です。

 



 

赤ちゃんが寝ない夜泣き対処法

赤ちゃん寝ない夜泣きが始まると様々な手を尽くして泣き止ませようとしますが、そう簡単に泣きやまないのが夜泣きです。
原因不明と言われている夜泣きですが、考えられる原因を元に対策を紹介します。

 

赤ちゃんは5か月〜6か月頃になると脳や体が発達してくるので日中に受けた刺激によって脳が活発になって夢を見たり、寝がえりやお座りやハイハイなどできるようになると赤ちゃんが経験したり感じることも増えるために、それらの興奮が能を刺激して夜泣きを引き起こすと言われています。

 

またその頃の赤ちゃんは体内時計が整ってき始めて生活リズムができてくる頃ですが、そのリズムにズレが生じて夜泣きにつながることもあります。

 

夜泣きが始まったら、まずは優しく話しかけながら背中をトントンとして安心させます。話しかけたりすることで、赤ちゃん自身が我に返って泣き止むことがあります。また好きな音楽などがあれば流すのも効果的です。

赤ちゃん,寝ない,夜泣き,すやねむカモミール

色々やっても泣いている時には、いっそのこときちんと起こして覚醒させてあげるのも効果があります。

 

電気をつけて少し遊んであげるくらいのことをしてから、気分を変えて再度入眠を促します。

 

もし赤ちゃんが寝ない生活リズムのズレが考えられるようであれば、親が関わってリズムを少しずつ整えていってあげましょう。

 

おすすめのリズムは朝は7時までに起こしてカーテンを開けて光を浴びたり電気をつけて部屋を明るくしましょう。

 

そうすることで体をしっかり目覚めさせます。顔を拭いたり着替えたりオムツを替えて、朝のルーティーンを一通り終えます。

 

昼寝は寝過ぎないように管理し、特に夕方はできるだけ起きていられるようにしてあげましょう。

 

そして、眠る時には1時間ほど前から部屋の電気やテレビを消して、睡眠環境を整えましょう。

 

日中にほどよい運動をさせてあげると深い眠りに入りやすくなります。

 

 

またお母さんやお父さんが赤ちゃんを寝かせなければと一生懸命になりすぎるとそれが赤ちゃんに伝わって夜泣きがひどくなることがあります。

 

ですから寝なければ寝なくてもいいや、くらいの気持ちで夜はとことん付き合うつもりで準備をしておく方が心に余裕が出来て効果的です。

赤ちゃん夜泣きがひどい時

赤ちゃんが寝ない! 赤ちゃんが寝ない! 赤ちゃんが夜泣きが止まらない

 

赤ちゃんの夜泣きには個人差がありますが、夜泣きが習慣づいてしまうとお母さんも大変です。

 

特に夜泣きは普段よりも泣き方が激しく、時には泣き叫んだり手足をバタつかせたり、体をのけぞらせたりとあやしたいのに抱っこするだけでも一苦労です。ずっと泣きやまず結局朝までひたすら抱っこしてあやし続けるということもよくあることです。

 

赤ちゃんは喉の機能もまだ未熟であるために泣き叫んでむせてしまうこともあります。

 

そんな様子の我が子を見るのはとても辛いものです。しかし何をしても泣き止ませることができない時には、赤ちゃん自身が泣き止むのをひたすら待つしかありません。

 

夜にぐっすり寝てくれれば夜泣きをしなくて済むのではないかと考えて日中できるだけ起こしているという方もいらっしゃいますが夜泣きは夜泣きなのでそれでも夜に泣いてしまうということもあります。

 

日中頑張って工夫をしたお母さんは気落ちし、仕事で疲れている旦那さんにゆっくり眠ってもらうこともできないことに罪悪感すら感じてしまう人もいらっしゃて多くのお母さんも悩ませます。

 

本当は可愛い赤ちゃんを育てる喜びを感じたいところなのに、育児自体に不安を持ってしまう方も少なくはありません。

 

毎晩続くと気が滅入ってしまいますが、「多くの人が通ってきた道で私だけじゃないし、今だけのもの。」と考えると少し気が落ち着くかも知れません。

 

孤独を感じてしまいがちですが、多くのお母さんも通ってきた道です。

 

赤ちゃんの夜泣きが酷いと、精神的にも体力的にも負担になって気持ちも体調も沈みがちになってしまいやすいので、こういった気持ちの持ち方にシフトしたり、家事を少し手を抜いてできるだけ体力を温存するよう心がけて夜は眠れない赤ちゃんに付き合うようにしてみるのも少し楽になる方法です。

 

周りの主婦友達やネットでの相談を見てみるとみなさん同じような悩みを抱えていて、少し安心出来るので、悩みを溜めこまず相談することも大事です。

赤ちゃん夜泣き時期

赤ちゃんの夜泣きが習慣づいてしまうとお母さんもお父さんも赤ちゃんに付き合ってヘトヘトになってしまいますし、いつまでこの夜泣きが続くのか不安になって育児を辛く感じてしまう方も少なくありません。

 

そんな夜泣きは一体いつ頃から始まり、いつ終わるのでしょうか。

 

一般的には生後6か月頃に始まり1歳半頃におさまると言われます。

 

ですが赤ちゃんにも個人差があるので早い子では3か月頃から夜泣きが始まる場合もあれば、1〜2歳頃でも泣く子もいますし夜泣きをしない子もいます。生後1〜2か月頃は体内時計のリズムが整っておらず、夜中に泣くのは空腹やオムツの不快感によるものが多いのですがこの場合は授乳やおむつ交換をすれば再び眠り始めます。

 

生後5か月頃を過ぎると、体内時計のリズムが整い始めてきて長時間眠れるようになってきますが、知能や情緒も発達してくるために日中の刺激や経験が夢に出てきて目が覚めてしまうことがあります。

 

途中で目覚めたために機嫌が悪くなってしまって夜泣きをしてしまい赤ちゃんが寝ないことが多いようです。

 

その場合は興奮状態になっており、うまく眠りに入りにくい状態になっているのでそのことを受け止めて、どうにかして寝かせよう!と意気込むよりは気長に付き合うことが重要です。

 

ですので夜中でもストレスをなるべく溜めずにつきあうために、日中の家事などは手を抜いて、休める時に休息をとって体力を温存しておきましょう。お父さんは普段は仕事があるので、なかなか全て対応することはむずかしいかもしれませんが、休みの前日だけは赤ちゃんをあやしたり、平日早く起きて短い時間でもお母さんに睡眠をとってもらえるようにするなどのサポートをすることでお母さんの体も心もだいぶ救われます。

 

いつまで続くかわからない夜泣きを一人で抱えるには無理がありますから、ストレスや体調不良を抱えこむ前に夫婦・家族・周りの人の協力を得てうまく乗り越えましょう。

 

オーガニックな成分のすやねむカモミールは公式ページがお得↓↓

>>>すやねむカモミールの公式ページはこちら<<<

 

赤ちゃん寝ない原因の夜泣きに効果のあるというすやねむカモミールは、安心を追及して、お湯に溶け出てしまう農薬や添加物は一切使用しないオーガニック素材でできていますので赤ちゃんにも安心です。

 



 

赤ちゃん夜泣きと旦那

赤ちゃんは夜泣きをするのが当たり前とは言われているものの実際夜泣きが始まると否応なしに起こされてしまいなかなか眠ることが出来ません。

 

しかも夜泣きは原因がわからないものなので、泣き続けている間ひたすらいろんな方法で赤ちゃんに付き合って対応しなければならずとても負担がかかります。
一般的に夜泣きの対応というとお母さんがするものというイメージが強いようです。

赤ちゃん,寝ない,夜泣き,すやねむカモミール

未だに父親は外で仕事、母親が育児や家事をこなすというイメージがあるものです。

 

しかし家事というのもやっていない方からは想像できない位とてもハードな仕事なので、家事という仕事をこなしながら育児をするお母さんだけに夜泣きの対応を任せてしまうというのはあまりよろしくないです。

 

中には、旦那さんから「俺は仕事があるから夜泣きの世話はできない」などと言われてしまうお母さんもいるようです。

 

しかし仕事の相手は段取りを説明すれば待ってくれるかもしれませんが、赤ちゃんはいくら説明したところで昼も夜も待ってはくれません。

 

お母さんは睡眠不足になるだけではなくて、日中も家事などの段取りが取れないどころか食事やトイレすら自由にできず大変な思いをしています。

 

それでは、旦那さんは日中の仕事がありながらもどのようなサポートができるのでしょうか。

 

夜泣きの対応を一度だけでも交代したり、土日の仕事が休みの時には旦那さんが赤ちゃんのお世話をして奥さんを寝かせてあげるということもできます。

 

平日に早起きをしてその間に赤ちゃんをみて、奥さんに少しでも眠ってもらうということもできます。

 

旦那さんにもできることはたくさんありますから、ぜひ協力してこの時期を乗り越えてもらいたいです。

 

この時期に夫婦が協力することで絆も深まりますし、育児を一緒に楽しむことにもつながることでしょう。

 

逆にこの時期にお母さんに育児をまかせっきりにしてしまうと、夫婦生活がうまくいかなくなる率が高くなります。

 

二人のお子さんなのですから二人で育児することが基本です。今まで育児にあまり参加してこなかったお父さんは、少しずつ取り入れていきましょう。